名作映画を観ると、映画のほうが真実で、今現在自分が存在している、現実の物質世界のほうが幻想に思えてきます。大切なもの、愛とは…友情とは…命とは…そういうものについて、名作映画にはいろいろなことを考えさせられます。~映画製作の技術は日々進歩し3Dの時代にもなりましたが、技術に頼った駄作映画だけが量産されないことを願うとともに、観る側にも目を養っていただけるように、このサイトを更新していきます。

トップページ > 日本男優 > 仲谷昇 > 刑事物語 Detective Story

刑事物語 Detective Story

  • 刑事物語 Detective Story
  • 日 1982年製作
  • 監督:渡辺祐介
  • 男優:武田鉄矢/仲谷昇/北村和夫/岡本富士太/梅津栄/草薙幸二郎/花澤徳衛/西田敏行/高倉健/田中邦衛/森下哲夫/河原裕昌
  • 女優:有賀久代/樹木希林/高樹亜弥/宇田川とも子/初井言栄
  • この映画をAmazonで検索

ええかげんな奴じゃけ♪ほっといてくれんさい♪吉田拓郎が歌う主題歌「唇をかみしめて」が印象的な娯楽ドラマシリーズの第一作。純情な片山刑事。昭和な雰囲気も心地よく、一度は観ておきたい映画。また、一作目を観ると、続編も観たくなる面白さが十分あります。

  

さえない刑事・片山元

九州・博多の7月、山笠祭りの夜、博多署はあるソープランドを管理売春容疑で不意打ちガサ入れを行うが、失敗に終わります。そして責任をなすりつけられた片山刑事は沼津へ転勤が決まってしまいます。片山は、ガサ入れで知り合った、聾唖で可哀そうな身の上の風俗嬢・三沢ひさ子に同情し、兄妹ということで一緒に沼津へ。そして南沼津署で早速、連続殺人事件の捜査に組み入れられるのでした。そんなある日に信金強盗事件発生、おりしも、蟷螂拳という拳法の名手である片山は犯人を取り押さえるのですが、実はその犯人は連続殺人事件とつながっているのでした。その男は女性を売春組織に斡旋も行っており、連続殺人事件はその売春組織が口封じのために行っていたものであり…。

  

武田鉄也の代表的な名作

原作の片山蒼とは、武田鉄也のペンネーム。ずん胴・短足でうだつの上がらない風采の主人公片山元刑事を武田鉄也が演じます。たまたまクリーニング店でのカンフー・アクション・シーンで、ハンガーを用いたことから生まれた、ハンガーヌンチャクさばきも素晴らしく、そんな強さを持ちながら、女性に惚れてはフラれる、という人情味溢れるコメディアクションの娯楽作品。非常に面白い作品なのですが、残念なことに、エロな表現、トルコ風呂といった、現在となっては相応しくない表現が多用されているのでTV放送はされることがまず無いないこの一作目。それでも機会があれば是非、観ておきたい作品だと思います。