名作映画を観ると、映画のほうが真実で、今現在自分が存在している、現実の物質世界のほうが幻想に思えてきます。大切なもの、愛とは…友情とは…命とは…そういうものについて、名作映画にはいろいろなことを考えさせられます。~映画製作の技術は日々進歩し3Dの時代にもなりましたが、技術に頼った駄作映画だけが量産されないことを願うとともに、観る側にも目を養っていただけるように、このサイトを更新していきます。

トップページ > 外国監督 > アルフレッド・ヒッチコック > バルカン超特急 The Lady Vanishes

バルカン超特急 The Lady Vanishes

  • バルカン超特急 The Lady Vanishes
  • 英 1938年製作
  • 監督:アルフレッド・ヒッチコック
  • 男優:マイケル・レッドグレーヴポール・ルーカス/ノーントン・ウェイン
  • 女優:マーガレット・ロックウッド/メイ・ウィッティ
  • この映画をAmazonで検索

ヒッチコック監督がまだイギリスにいた頃の作品で、密室系ミステリーの元祖。この後、ヒッチコック監督はアメリカに注目されてハリウッド進出します。特急列車で老貴婦人が謎の失踪するという事件に可愛らしいヒロインが…。疾走する列車の緊迫感、軽快なテンポのストーリー展開等、見せ方に感心させられる一作です。

  

消えた老貴婦人

バルカンのリゾート地のある国からロンドンへ帰る列車に乗るアイリスでしたが、列車が豪雪で立ち往生して、ホテルに避難するのでした。ホテルは同じく立ち往生しているお客で込み合い、食事の数も足りないほど。そんな時、アイリスは、音楽教師をしていたという老貴婦人フロイと知り合いになります。クリケットの試合結果が知りたくてロンドンに電話をつなぐ二人連れの男性客、不倫関係と思しき弁護士と女、また、アイリスの上階の部屋で夜中に大声で歌いダンスをはじめて騒がしい客など…。翌日、列車は動けるようになります。そしてアイリスとフロイはまた同じ席になり、親しくなり、食堂車で紅茶を飲んだりします。ひと眠りするアイリス…、しかし彼女が目を覚ましたらフロイがいません。乗客にフロイがどこへいったか聞くのですが、そんな老婦人は最初から居なかったという。さて、フロイは一体どこへいってしまったのか…。

  

初期のヒッチコックの名作

制作された背景は、第二次世界大戦のヨーロッパ大陸。ミス・フロイが狙われた理由や誰が一体彼女を狙ったのか、その辺りがこの作品のミステリーたる部分。それにしても、ミス・フロイが握っている、秘密の正体がラストに解るのですが、これまた実に微笑ましい。とかくミステリーというものは、人間心理の暗部に焦点を当てた、観終わった後にやるせない気持ちが残るものが多いのですが、そのあたりのまとめ方が、ストーリー的に非常に爽やかで面白かったのにも感心させられました。ホテルや駅あたりの展開は少々退屈に感じましたが、一度は観ておきたい名作には間違いありません。