名作映画を観ると、映画のほうが真実で、今現在自分が存在している、現実の物質世界のほうが幻想に思えてきます。大切なもの、愛とは…友情とは…命とは…そういうものについて、名作映画にはいろいろなことを考えさせられます。~映画製作の技術は日々進歩し3Dの時代にもなりましたが、技術に頼った駄作映画だけが量産されないことを願うとともに、観る側にも目を養っていただけるように、このサイトを更新していきます。

トップページ > 日本作品 > ジェネラル・ルージュの凱旋 > ジェネラル・ルージュの凱旋

ジェネラル・ルージュの凱旋

  • ジェネラル・ルージュの凱旋
  • 日 2009年製作
  • 監督:中村義洋
  • 男優:堺雅人/阿部寛/速水晃一/山本太郎/尾美としのり/高嶋政伸/佐野史郎/玉山鉄二/平泉成/國村隼
  • 女優:竹内結子/羽田美智子/貫地谷しほり/野際陽子
  • この映画をAmazonで検索

「チーム・バチスタの栄光」の続編で原作は海堂尊。今回は病院内での医師と業者の癒着やワイロ疑惑に、前作同様、竹内結子演じる医師と阿部寛演じる厚労省役人が挑みます。TVドラマ「半沢直樹」で話題になった堺雅人の怪演もまた見所。

  

「ジェネラル・ルージュ」と呼ばれる救急センター長、速水医師

チーム・バチスタ事件の解決でひょんな事から活躍した田口公子医師は、くしくも病院の倫理委員会の委員長に任命されてしまいます。そんな折、「救命救急の速水センター長は医療メーカーと癒着しており、花房看護師長は共犯だ」という怪しげな告発文が…。医療メーカー磯部の自殺、そして田口公子はまたしても院長から、秘密裏にこの事を調査するよう命じられるのでした。速水センター長は「ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)」と呼ばれる冷徹で癖のある男。調査を進める田口公子は調査を進めるにつれてセンター長と看護師長のことが不審になっていくのですが、そんな時、厚労省の白鳥が骨折をして救急で病院に担ぎ込まれるのでした…。

  

あいかわらず面白い、竹内結子と阿部寛のかけあい

倫理委員会の委員長に任命されてしまった田口公子医師はいやいやながらも調査をすすめるのですが、今作も、白鳥がそれを引っ掻き回します。そして真相へと向かっていくのですが、そういった騒がしい部分と、何か、暗い秘密を隠している救急センター長と看護師長の、時間が止まったようなシーンあるいは遡ったようなシーン…。この辺りの展開の見せ方にはなかなか引き込まれるものがあるのではないでしょうか。ただ、救急センター長が「ジェネラル・ルージュ」と呼ばれた理由などはちょっと凝りすぎか、またラストの災害などもやりすぎ?という気がしないでもないです。単なるハッピーエンドだと、どうしても、観終わった後、めでたしめでたしで、で、結局なんだったっけ?という印象になりやすいので、個人的には、あまりまとめすぎないでなんだか考えさせられるような不完全な終わり方をしたほうが、結果として長く記憶に残る作品のような気がします。これも迷作です。