名作映画を観ると、映画のほうが真実で、今現在自分が存在している、現実の物質世界のほうが幻想に思えてきます。大切なもの、愛とは…友情とは…命とは…そういうものについて、名作映画にはいろいろなことを考えさせられます。~映画製作の技術は日々進歩し3Dの時代にもなりましたが、技術に頼った駄作映画だけが量産されないことを願うとともに、観る側にも目を養っていただけるように、このサイトを更新していきます。

トップページ > 外国男優 > ウォン・ヤッフェイ > 少林サッカー 少林足球

少林サッカー 少林足球

  • 少林サッカー 少林足球
  • 香 2001年製作
  • 監督:チャウ・シンチー
  • 男優:チャウ・シンチー/ウォン・ヤッフェイ/ン・マンタ/パトリック・ツェー/ヴィンセント・コック
  • 女優:ヴィッキー・チャオ/カレン・モク/セシリア・チャン
  • この映画をAmazonで検索

香港で歴代No.1ヒットを記録した作品。日本でもかなり流行りました。少林寺拳法の達人たちがサッカーチームを結成し、大会を勝ち進んでいきます。ありえない脚技、スーパープレーの数々(といっても、観ていない人でもなんとなく想像できるようなもの)をお楽しみください。

  

ファンとシンの出会い

ファンはかつてはサッカーのスタープレイヤー。しかし現在は、かつてのチームメイトながら香港サッカー界を取り仕切る首領となっているハンのかばん持ちに落ちぶれていました。実はその昔、ファンは、ハンの陰謀でサッカーができない体にされたのでした。その事実を知り怒りをあらわにするファン、そんなある日、ファンは街で少林寺拳法の達人シンに出会うのでした。シンの驚異的な脚力に驚いたファンは、シンにサッカーチームをつくって全国一になろう、と話をもちかけます。ファンの申し入れを最初は相手にもしないシンでしたが…。

  

想像できるバカバカしさを実際に映像にして見せられてしまうと…

超人的なハイジャンプ、炎をあげながら驚異的な勢いで蹴られて飛んでいくボール、VFXとワイヤーワークで表現された、全く重力を無視したスーパープレーには、子供たちは大喜びする内容です。そんな、ありえないだろうバカバカしいスーパープレーを現実に見せられてしまうと、おそらくたいていの人は醒めてしまう。しかもおバカなギャグタッチ・ストーリー展開は、少年漫画誌のヤンキー運動部ものの雰囲気、となれば、やっぱり落ち着いた大人には、楽しめる内容ではないでしょう。そしてそんなおバカな内容なのに、時折入ってくる昭和のスポ根セリフの真面目なのが逆に耳障り。それでも、上映当時はかなり流行りました。少なくとも、デートで観るような作品ではないことだけは言えるのですが、こういうのはハマる人は嵌るんでしょうね。わかり易い内容が、共感を呼びやすいとも言えます。一つ見所としたら、大陸のアイドルことヴィッキー・チャオが吹き出物一杯のブスメイクを施されていることか。彼女は作中でも重要な役割を演じています。